他人を理解するための第一歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

福祉についての知識をより身につけたいと思ったためです。将来、患者さんと関わっていく職業につきたいと考えていて、高齢者や障がいのある方にも安心して信頼してもらいたいと感じたためです。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

実際に問題集をみて、初めて聞く障がいの名前があったり、思っていた接し方と違っていたところがあったので、当日までに覚えて解くことができて良かったです。また、福祉に対する意識も高まりました。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

初めて聞いた障がいのことについてインターネットで調べてノートにまとめたりしました。また、間違えた問題を何度も繰り返せるようにふせんを貼ったり、問題を読み返したりしました。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

普段の生活の中で、困っている人がいたら知識を活かして助けたいです。また、将来の仕事にも活かしたいと思います。医療系ですが福祉の知識も十分に使えると思うので、これからももっと学習していきたいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

福祉についての学習は他人を理解するための第一歩だと思います。また、自分を理解することにもつながると思います。福祉に馴染みのない方々は難しそうだと感じるかもしれませんが、勉強すれば必ず合格できる検定です。