身につけたスキルをお客様に披露し、会社のイメージアップに繋げていきたいです

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

福祉の知識を使う場面は、これからどんどん増えていき、知っていることで助かる命は数知れないと思います。いずれ「福祉」のお世話になることを考えると勉強は必須だと思います。知らないことほど、失礼なことはないと受検しました。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

努力すれば、必ず合格できると思いました。試験時間、問題数ともに適当でした。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

「繰り返し」この一言につきます。問題集を20回以上解きました。それぐらい解かないと頭に残らないと思ったからです。正解文を蛍光ペンでマーカーして問題文と一緒に黙読。 10回目ぐらいから速読で覚えました。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

将来、親の介護をすることになれば、必要な知識だと思います。現在、建物管理の仕事をしていることから必ず話題に挙がります。身につけたスキルをお客様に披露し、会社のイメージアップに繋げていきたいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

問題集を繰り返し解いてください。問題文を見るだけで、答えが頭に浮かんでくるようになれば、必ず合格できます。緊張してしまっても大丈夫。回答時間は余裕があります。焦らず試験に臨んでください。

資料請求をする(無料)