今の自分の福祉力はどれくらいあるのかを知ってみたくなった

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定2級を受検されたきっかけを教えてください。

今回、福祉ロボット検定を受けた際に、福祉力検定の存在を知り、内容を見て興味が湧いてきたことと、仕事柄、今の自分の福祉力はどれくらいあるのかを知ってみたくなり受検をしようと思いました。

Q2. 福祉力検定2級を受検された感想を教えてください。

福祉ロボット検定と同じ、CBT方式での試験でしたので、一度受検体験をしていたこともあり安心して受検することができました。また、前回と同様に試験後すぐに結果がわかるので、とても良いシステムだと改めて感じました。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

試験内容が幅広い福祉分野からの出題でしたので、前回の福祉ロボット検定と同様に、問題集を何度も解き、重要単語はノートに書いて覚えていきました。また、試験時間内に終了できるようタイムを計りながら勉強しました。

Q4. 福祉力検定2級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

仕事柄、職場での相談事や介護技術、事例関連などに対して新たに身につけた幅広い知識を活かしていくことと、別の福祉の資格試験を受検していく上でも、知識の延長戦として勉強にも活かしていきたいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

福祉にこれから携わろうと考えている方、そして福祉に興味がある方など是非とも受検して欲しい検定です。新たな最新の福祉知識が身につくことと、自身の福祉感に対して役立つからです。

受検申し込みをする