一人ひとりの違いを認めて尊重する福祉の心を学びたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定2級を受検されたきっかけを教えてください。

知人が受検しており、興味があったので受検しました。また、訪問看護師として現在働いており、一人ひとりの違いを認めて尊重する福祉の心を学びたい、今の仕事でいかしていきたいと思ったことがきっかけでもありました。

Q2. 福祉力検定2級を受検された感想を教えてください。

疾患や制度・理念に加え事例から自身で考え、どう対応していくかという問題もあり、実践につながる学びができたと思います。在宅で過ごされる利用者のところへ訪問することが多いので、福祉の心を忘れず、今後にいかしていきます。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

テキストを往復して繰り返し学習したのはもちろん、分からない言葉やもっと詳しく知りたいと思ったことはその都度調べて、書き込むようにしてました。また、間違いやすい問題は付箋をつけ、最後まで見直せるようにしました。

Q4. 福祉力検定2級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

利用者さんとの関わりにおいて、地域で安心して過ごせるよう、今回得た知識をもとに情報提供したり、工夫の仕方をアドバイスできればと思います。また、相手の気持ちを尊重し、その人自身のQOLが維持向上できるよう関わりたい。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

始めは難しく感じるかもしれませんが、学習していくうちに疾患や関わり方、制度などが詳しく理解できるようになると思います。そうすると、見え方も変わってきて、自身の成長にも繋がってくると思うので、頑張ってください。

 

受検申し込みをする