福祉といっても、対応の仕方も異なってくることを知り、色々な知識を得られる

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

福祉関係の仕事に転職しましたが、特に資格を持っていませんでした。実務経験等が無くても受検できる資格をインターネットで探してみたところ、福祉力検定という資格があることを知り、受検することにしました。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

福祉といっても、障がいをもつ方であったり、高齢者であったりと幅広く、またその中でも病気や症状が様々であり、対応の仕方も異なってくることを知り、色々な知識を得られるなと感じました。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

問題集の問題がそのまま出題されるので、まずは問題集をやってみて、間違えたところはしっかり解説を読み、納得するようにしました。次は問題と解答を暗記するような形で、セットで覚えるようにしました。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

幅広く、基礎的な知識を得ることが出来たと思います、仕事に必要な知識はより深く学びが必要ですし、興味をもった分野もあるので今後も学び続けるという習慣になったことが、この先活かしていけることだと思います。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

福祉について幅広く学ぶことが出来ると思いますので、福祉関係の仕事に就職または転職等を考えている方は、受検してみて、どのような分野に興味を持つかに気づくことができると思います。

 

受検申し込みをする