ソーシャルワーカーと仕事上接する機会が多いため、ケースに即したアドバイスができるようになりたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

現在、成年後見制度に関わる部署に勤務していますが、福祉分野についてついてきちんと学んだことがありませんでした。現場での苦労や考え方を学び、今の仕事に活かしたいと思い、受検を決意しました。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

単語は聞き慣れたものが多い一方で、その定義については理解があいまいであったことを痛感しました。障害者や高齢者のおかれた状況を想像し、相手の立場にたって物事を考えられるようになったと思います。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

問題集の中から出題されるというスタイルですので、とにかく問題集を読みこなし(解説も含めて)を行いました。単なる暗記にならないよう、問題の趣旨を考えながら、選択肢1つ1つ理解するよう努めました。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

ソーシャルワーカーと仕事上接する機会が多いため、ケースに即したアドバイスができるようになりたいです。法的な面と実践面を組み合わせることで、様々な制度やサービスを利用する方がメリットを感じてもらうえるよう働きかけを行います。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

必ずしも福祉の分野に関わる仕事をしていなくても、生きていく上で、福祉の知識と心は必要だと思います。また合格することで自分の自信にもつながります。チャレンジしてみて良かったと思っていますのでお勧めします。

 

受検申し込みをする