福祉に対して自分の苦手な部分が福祉力検定を受けた結果、明確になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1.福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

自分が持っている福祉に関する知識の復習にもなり、知らなかった分野の知識を資格試験の勉強を通して学ぶことが出来た。また、福祉力検定3級の資格を取得したことで、ひとつの自信になった。

Q2.福祉力検定3級合格のための学習方法を教えてください。

勉強方法について工夫されたことはどのようなことですか?

一通り福祉力検定3級のテキストを見た後、自分で理解が弱いと思っている部分を重点的に学び、最後にテキスト全体を通して問題を解いていった。

どのくらい期間勉強されましたか?

2週間程度資格の勉強をした。

Q3.福祉力検定3級を取って良かったことはどのようなことですか?

福祉に関して自分の苦手な部分が試験を受けた結果、明確になった。そのため、現在は苦手なジャンルを学びなおしている。

Q4.身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

今後も福祉業界で働いて行きたいと思っているため、障害のあるかたを支援する際の基本的知識として活かしていきたい。

Q5.これから受検する方へのメッセージをお願いします。

資格取得を目標にするのではなく、試験を通して自分の苦手な部分を見つけ、それをしっかりと学ぶためのツールとして受験をすることが必要だと思われる。

資料請求をする(無料)