テキストが見やすく解説も分かりやすい為、学習の作業効率が上がり楽しかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定2・3級を受検されたきっかけを教えてください。

介護福祉士の資格取得後に、自分がどこまで、福祉について知っているか、また国家試験の内容に似ている事から、復習や再度深く福祉について学び、スキルアップの向上にもつなげていきたいという気持ちから受検しました。

Q2. 福祉力検定2・3級を受検された感想を教えてください。

2級と3級の併願は、厳しいのではと考えてはいましたが、テキストが見やすく解説も分かりやすい為、学習の作業効率が上がり楽しかったです。間違えた問題も一つづつ丁寧に解説がある事からすぐに見直し、理解へと結びつけれました。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

何度も、テキストと問題文を読むようにし、間違えた問題は、なぜ間違っているか、解説を何度も読み、理解するまで、次の問題には行かず、それを何度も行う事によって、根拠を理解するようになり、頭に入りやすく覚えやすかった。

Q4. 福祉力検定2・3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

現在は、福祉の現場で働いているのですが、今回の受検を機に、深い学びを得ることができた。この自信を認定介護士の取得や社会福祉士・精神保険福祉士の資格取得に結びつけていき、福祉の社会貢献を目指して頑張りたいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

最初は、仕事との両立が難しいのではないかと考えたのですが、分かりやすいテキストに解説があり、学習しやすく、福祉の理解や高齢者との関わり方も、変わると思います。福祉の初学者でも、楽しい内容になっているのはと感じました。