コミュニケーション力は利用者と接する時に応用できるものが多くある

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

スキルアップの為に福祉に関して探していた時福祉力検定にたどりつきました。「福祉」全般について問う資格は多くないので貴重な検定の一つだと思います。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

高齢者施設で従事していますが、普段は関わることのない障害についての問題は学びがいがあり、コミュニケーション力は利用者と接する時に応用できるものが多くあると感じた。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

仕事をしているので勉強する時間を作るのは容易ではなかった。なので公式問題集を常に持ち歩き、空いた時間に数ページの問題を解くことを繰り返しすることで感覚的に頭にいれるようにしました。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

人と人との対人関係での仕事では流れ作業や少ない知識では、どこかで対応方法に限界がくる。しかし、福祉力検定を学ぶことで多角的なアプローチ方法の選択ができると感じている。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

他人の事を理解するには、自分の考え方のみでは片寄ったとらえ方しかできなくなる。福祉力検定を受検することで他者理解をする上で一人一人を尊重する心を身につけられると思う。期間を決めて勉強すれば合格できる資格です。

 

 

受検申し込みをする