実際の福祉現場で必要とされる知識が身につく

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定2級3級を受検されたきっかけを教えてください。

私が受検しようと思ったきっかけは、精神保健福祉士を受験したので、関連資格を受けてみたいと思ったからです。サンプル問題集を見たときに国家資格の問題と似ていたので、スムーズに取り組めると思い受検しました。

Q2. 福祉力検定2級3級を受検された感想を教えてください。

実際に受けてみた感想としては、3級は十分に合格できる手ごたえはありましたが、2級は社会福祉士や介護福祉士の内容もあり、時間との戦いだったので、あまり余裕をもって取り組めてなかったです。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

私は事前学習をするにあたって、テキストをまずは流し読みで問題を解くようにしました。そこから分からない箇所や不安な箇所を徐々にクリアしていき、繰り返し問題に慣れていくように心がけていきました。

Q4. 福祉力検定2級3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

この検定で問われている内容は実際の現場で必要とされている知識ばかりだと思います。学習を通じて、現場で必要な倫理感や知識が培われたと思うので、これからは現場でアウトプットできるよう繰り返し復習していきたいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

この検定で身につけた知識は社会福祉士をはじめとした国家資格へのきっかけにもなりますし、現場での業務の幅を広げるためのツールにもなると思います。まずは一歩踏み出すところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

受検申し込みをする