知識を深め、経験を積み、より良い福祉社会が営めるよう貢献したい

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定2・3級を受検されたきっかけを教えてください。

自分の体力、気力の低下、両親の介護、子供の障がい等、自分の福祉力を高めることが必要だと感じました。また、会社内で障がいのある方と仕事をしていますので、自分の社会生活のビジョンを福祉の面で確立したかった。

Q2. 福祉力検定2・3級を受検された感想を教えてください。

たまたま、ストレスカウンセラーの勉強、高齢社会の勉強を行っており、思ったより勉強は取り組みやすかったです。問題集はよくできて、かなり深い知識を取得できるようになっていることにびっくりしました。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

問題集を繰り返し勉強する。ひっかかるところは、解説をよく読む。自分の理解が違っている箇所をメモし、繰り返し勉強する。こんなところです。

Q4. 福祉力検定2・3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

これからの自分の生活の中で、福祉力検定で学んだことは、大きなウェートをしめます。知識を深め、経験を積み、より良い福祉社会が営めるよう貢献したいです。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

値段の面を除けば、検定受検はすべての世代の方におすすめです。勉強をすすめることで福祉力は間違いなく身につきますので、今後の生き方の指針を考えるのに役立ちます。