福祉力を身につけていただく事で、高齢化社会における福祉の重要性を理解いただけると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 福祉力検定3級を受検されたきっかけを教えてください。

社内で福祉業のワークグループが設立されメンバーとなった事から、福祉業をより一層理解する為に、福祉力検定の紹介があり、福祉業について知識習得に役立てる事により自分自身の営業実績向上にプラスになると考えたから。

Q2. 福祉力検定3級を受検された感想を教えてください。

試験問題が問題集より出題される為、比較的容易でした。試験終了後、即座に結果が判定されるのが、明快で良かった。仕事上、高齢者福祉に携わる事が多いので、高齢者福祉の問題あ少ないの事が残念だった。

Q3. 福祉力検定の学習方法で工夫されたことはどのようなことですか?

まず一通り問題集を解き、間違った部分や理解しにくかった部分を解説を読み学習し理解を深めた。その後試験時間の60分を計りながら50問ずつ解答し、再度間違った問題を復習した。

Q4. 福祉力検定3級の受検で身につけたスキルをどのように活かしていきたいですか?

まずは自身の仕事に役立てたい。福祉業の課題やニーズを明確にできればと思う。プライベートで家族や親戚・知人への福祉に対する助言や啓蒙に役立てていきたい。

Q5.これから福祉力検定を受検する方へのメッセージをお願いします。

受検の目的を明確にし、集中して学習していただければ、必ず合格できると思います。また少しでも多くの方が福祉力検定を受検し、福祉力を身につけていただく事で、高齢化社会における福祉の重要性を理解いただけると思います。