各級について

はじめて受検される方は以下の表を目安にしてください。

目安 出題分野 受検料 問題数
1級 大学生
社会人
-- -- --
2級 大学生
社会人
福祉の理念、高齢者の理解
障害者の理解、コミュニケーション力
母子・児童、医療福祉一般
16,200円 100問
3級 高校生
大学生
社会人
福祉の理念、高齢者の理解
障害者の理解、コミュニケーション力
7,560円 50問
4級 高校生
中学生
-- -- --

問題集とサンプル問題

検定試験には、日本福祉力検定協会発刊の「福祉力検定問題集」に出題された問題がそのまま出題されます。検定試験は復習の場だとご理解いただき、解説を読みながらじっくり取り組んでいただければ幸いです。

福祉力検定問題集

全200問
3,240円/冊
(税込・送料別)
全100問
2,160円/冊
(税込・送料別)

問題集では各分野ごとに事例問題により学びを深めることができます。事例の中には、皆さんの実生活とは直接結びつかないと感じるものもあるはずです。そんなときはぜひ、事例をじっくり読みながら、様々な生き辛さを抱えた方々の世界に、思いを巡らせてみてください。
そんな想像力こそが、一人ひとりの違いを認めて尊重する福祉の心であり、その想像力に拡がりを持たせてくれるのが福祉の知識であると、私たちはそのように考えています。

福祉力検定3級出題分野の概要

福祉力検定3級は、福祉の基礎知識を学んでいただくために、福祉に関する理念や制度についてできる限り幅広く取り上げています。これから皆さんが、学びを深めていくための手がかりを提供するとともに、福祉に関する知識が皆さん自身の生活に新しい発見をもたらすきっかけになることを願っています。

福祉力検定2級出題分野の概要

福祉力検定2級は、高齢者、障害者、母子・児童福祉領域について学ぶことができます。また、理念や事例を中心に出題している3級とは趣を別にし、それぞれの領域に関する制度や法律についても取り上げています。

福祉力検定を知る

福祉力検定は、「障害者福祉」「健康福祉」「医療福祉」「高齢者福祉」「司法福祉」などの様々な福祉の世界を、スモールステップで効率よく学んでいくための仕組みです。

福祉力検定は一般財団法人日本福祉力検定協会が実施している「福祉の心+福祉の知識=福祉力」を身に付けたいと思っている方であれば、どなたでもチャレンジできる検定試験です。

お客さまからいただくよくあるご質問をQ&A形式でまとめました。福祉力検定への疑問や質問が当ページにない場合、お問い合わせフォームから質問内容を送信してください。


電話でのお問い合わせ

0120-294-378

受付時間: 9:00~18:00
(土日祝日を除く)

フォームでのお問い合わせ