福祉力検定概要

福祉力検定は一般財団法人日本福祉力検定協会が実施している「福祉の心+福祉の知識=福祉力」を身に付けたいと思っている方であれば、どなたでもチャレンジできる検定試験です。

福祉力検定3級では「福祉の理念、障害の理解、高齢者の理解、コミュニケーション力」の重点4分野の基礎知識・技能の習得を目指します。

そして、福祉力検定2級は、3級で身に付けた重点4分野の応用に加え、近年ニーズが高まっている「母子・児童」「医療福祉一般」の基礎知識・技能の習得を目指します。

出題範囲

検定試験には、日本福祉力検定協会発刊の「福祉力検定問題集」に出題された問題がそのまま出題されます。検定試験は復習の場だとご理解いただき、解説を読みながらじっくり取り組んでいただければ幸いです。

申し込み方法

検定試験のお申込みは、試験運営会社のCBT-Solutions社WEBサイトよりお申し込みください。初めて受検される方は、登録フォームより利用者情報の登録を行い、ID・パスワードを取得してください。

検定費用

  検定料
1級 --
2級 19,800円
(受検料16,200円 問題集3,240円 送料360円)
特別価格
合計14,400円
(受験料10,800円 問題集3,240円 送料360円)
※3級合格者は特別価格が適用されます。
3級 10,080円
(受検料7,560円 問題集2,160円 送料360円)
4級 --
2・3級
併願
24,120円
(受検料18,360円 2級問題集3,240円 3級問題集2,160円 問題集送料360円)
※2・3級の単願受検時より5,760円割引となります
※2・3級を別日程で受検希望される場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。

問題の構成と合格基準

検定試験は知識問題(6割)+事例問題(4割)の構成で出題され、原則として総得点が満点の70%で合格となります。

知識問題 事例問題 ※3級の場合
正解率
70%
で合格

福祉力検定を知る

福祉力検定は、「障害者福祉」「健康福祉」「医療福祉」「高齢者福祉」「司法福祉」などの様々な福祉の世界を、スモールステップで効率よく学んでいくための仕組みです。

お客さまからいただくよくあるご質問をQ&A形式でまとめました。福祉力検定への疑問や質問が当ページにない場合、お問い合わせフォームから質問内容を送信してください。

検定試験には、日本福祉力検定協会発刊の「福祉力検定問題集」に出題された問題がそのまま出題されます。検定試験は復習の場だとご理解いただき、解説を読みながらじっくり取り組んでいただければ幸いです


電話でのお問い合わせ

0120-294-378

受付時間: 9:00~18:00
(土日祝日を除く)

フォームでのお問い合わせ